会社設立書類を作成する仕事に就く|行政書士の資格を取ろう

男の人

行政に関する書士になる

男の人

選ぶべき選択肢は

行政に提出する書類を対価を得て作成することが許されているのは行政書士という資格をもった人です。行政書士は国家資格であり、受験資格は制限はなく誰でも受験が可能です。ただ毎年の合格率は10%前後であり、それなりの難易度があります。受験資格の制限がない行政書士では、資格取得までの選択肢がおおまかに3種類あります。ひとつは行政書士の資格取得をサポートしてくれる学校に通う方法です。また学校に通わないで通信教育講座で行うというものもあります。またこれらの中間として学校が行うスクール通信です。学校に通う場合には、講師からの直接指導を受けることができるので、学ぶ意欲が継続しやすくまた疑問点などを聞きやすいといったメリットがあります。一方でデメリットとしてはやはり通学しなければならないことで、決められた日に学ぶ必要があります。このため他の学校に通いながらとか、働きながら、といった場合にはやや不利です。一方で通信教育講座は教材をもとに独自に勉強するというものです。空いた時間を利用して学べるメリットがありますが、学ぶ意欲を継続するのが難しいといったデメリットがあります。ただ費用そのものは他の方法よりも少ないので資格取得の勉強に掛かる費用を最小限にすることができます。学校で学ぶのと通信教育講座で学ぶものの中間がスクール通信で、この場合には基本的には通信教育講座と同じく独自に勉強する必要がありますが、学校で受けるのと同じレベルの教育を受けることができます。