会社設立書類を作成する仕事に就く|行政書士の資格を取ろう

レディ

行政に関する書士になる

行政書士は受験資格に制限がないため誰でも目指すことができます。しかし資格試験に合格するための勉強をしなければなりません。勉強方法は学校や通信教育講座などがあり、それぞれの事情に合ったものを選ぶことが合格するためのポイントになります。

書類作成の専門家に

勉強

誰でも受験が可能

会社を設立する際や、店舗での営業を開始する際には、申請書の提出が必要となります。また、遺産を法律にとらわれず独自で設定した割合で親族に分配する場合、遺言書があれば相続争いを防ぐことができます。こういった申請書や遺言書などの作成をサポートする専門家が、行政書士です。つまり行政書士は、経済の発展や円滑な人間関係のためには、必要不可欠な存在と言えるのです。このように社会からの需要が高いことから、行政書士の資格取得を目指す人は多くいます。国家資格なので、取得には国家試験を受験することが必要となりますが、これは基本的に誰でも受験可能となっています。国家試験の受験には多くの場合、実務経験を積んだり養成学校を卒業したりといった条件をクリアすることが必要とされています。しかし行政書士の国家試験では、経験や学歴は問われないのです。その分気軽に資格取得を目指すことができるので、その点からも行政書士は注目されています。もちろん国家試験に合格するためには、書類作成における専門知識を得る必要があります。しかしこの学習は、通信講座を利用すれば、約半年で終えることができます。個人の努力次第で、より短期間で終了させることもできますし、もちろん逆に、ゆっくりと学習を進めることも可能です。中には独学を選ぶ人もいますが、この場合の合格率は10%未満と低めです。しかし通信講座を利用して効率良く学習すれば、合格率を40%ほどに高めることが可能となります。そのため行政書士の資格取得を本気で希望している人の多くが、通信講座に申し込みをしています。

社会的信用の高い専門職

行政書士は、行政手続きや書類作成の専門家として高い評価を得ている職種です。開業には国家資格が必要で、取得方法はいくつかありますが最もポピュラーなのは毎年行われる試験に合格することです。合格率を見る限りかなりの難関ですが、試験対策は比較的立てやすいと言われています。

行政のプロを目指す勉強

行政書士の資格を取得する際には、3つの方法が考えられます。通学や通信で専門学校を利用する、または独学で行政書士の資格を目指す方法です。行政手続きのプロである行政書士の資格は、開業や就職に有利になるといったメリットが得られることから、人気があります。